Remobaアシスタント総合満足度No.1!口コミ・評判も解説

Remoba アシスタント総合満足度No.1!口コミ・評判も解説オンライン秘書

日中は現場仕事が多く、事務作業をする時間が取れないと悩んでいる経営者の方はいませんか。

オンライン秘書サービス「Remobaアシスタント」は、忙しい経営者のために、事務作業を請け負うサービスです。

Remobaアシスタントは、ホスピタリティ(おもてなし、気配り)が高いスタッフが対応してくれるため、総合満足度No.1を獲得しています。

忙しい経営者にとって、ホスピタリティは大事な基準です。

依頼する業務に柔軟に対応してもらえることにより、スタッフに対して、何から何まで説明する必要がなくなるからです。

本記事では、オンライン秘書サービス「Remobaアシスタント」の導入メリットだけでなく、口コミ評判を基に、Remobaアシスタントの全てを解説しますので、ぜひ検討してください。

なお、本記事は銀行での勤務経験がある執筆者(ゆずこ)が担当。

100社以上の法人・個人事業主に対して、融資・コンサルティングを行ったり、バックオフィス業務のサポートをしたりする中で得た、ビジネス知見を基に説明します。

Remobaアシスタントとは?

Remobaアシスタントとは?
Remobaアシスタントとは?

Remobaアシスタントは、株式会社Enigolが運営するオンライン秘書サービスです。

Remobaとは、リモート×バックオフィスの造語です。

会社名株式会社Enigol / Enigol Inc.
代表代表取締役CEO 柳沢智紀
設立年月日2018年8月8日
所在地東京都港区北青山2丁目12-8
BIZ SMART235

「オンラインアシスタントサービス総合満足度」、「クラウド活用支援アウトソーシングサービス」の2部門において、第1位を獲得。(※)

(※)調査方法:インターネット調査 調査概要:2021年7月サイトのイメージ調査 調査提供:日本トレンドリサーチ

Remobaアシスタントは、大手企業での勤務経験者やECサイト運用経験者等、多彩な人材がいます。

個人事業主やスタートアップだけでなく、中小企業・大手企業まで幅広いクライアントに利用されています。

自分の会社にとって、「オンライン秘書サービスはまだ早いかも」と悩む必要はありませんね。

Remobaアシスタントの4つの特徴

Remobaアシスタントの4つの特徴
Remobaアシスタントの4つの特徴

Remobaアシスタントには、下記の4つの特徴があります。

4つの特徴
  • スタッフのホスピタリティの高さを裏付ける「総合満足度No.1」
  • スタッフのITリテラシーが高い
  • チームでサポートしてくれる
  • 安心のセキュリティ対策

順番に解説していきます。

スタッフのホスピタリティの高さを裏付ける「総合満足度No.1」

日本トレンドリサーチによる、インターネットでのイメージ調査(2021年7月)にて、「オンラインアシスタントサービス総合満足度」第1位を獲得しています。

Remobaアシスタントのスタッフは、独自のホスピタリティに関するテストをパスしています。

その採用倍率はなんと1%と、スタッフは非常に厳選されており、安定した品質のサービスです。

ホスピタリティが高いため、依頼主がスタッフに対して何から何まで説明しなくても、状況に応じて臨機応変に仕事をこなしてくれます。

そのため、「オンライン秘書と業務連絡のやり取りをする時間も惜しいと考える経営者にとって、このホスピタリティの高さは嬉しいポイントです。

スタッフのITリテラシーが高い

Remobaアシスタントは、Slackやチャットワーク等、普段業務で使用しているITツールの取り扱いに慣れているスタッフが在籍しています。

そのため、業務の依頼をするために、「わざわざRemobaアシスタント専用のサイトにログインする」なんて面倒なことはありません。

Remobaアシスタントのスタッフに対して、リモートアシスタントに特化した研修(ITツールの利用法や、日々のコミュニケーションの方法等)が行われており、スタッフのスキルは高いです。

チームでサポートしてくれる

Remobaアシスタントはホスピタリティが高い優秀なスタッフがチームを組んで対応してくれます。

そのため、Remobaアシスタントの複数スタッフが依頼主のことを理解してくれています。

チーム内の誰かが代わっても、ゼロから関係性を構築する必要がないため安心ですね。

自分の会社のことを分かってくれているパートナーは、多いに越したことはありません。

安心のセキュリティ対策

Remobaアシスタントとそのスタッフは、秘密情報保持契約(NDA)を締結しています。

自社の顧客情報等、大切な情報が漏えいしてしまった場合、事態収集をさせるために、かえって時間をロスし、本末転倒です。

その点、Remobaアシスタントには安心して業務依頼することができますね。

さらに、秘匿性が高い情報については、暗号化管理ツールのSSO(シングルサインオン)の導入や、セキュリティブラウザの導入により、徹底的に情報管理しています。

Remobaアシスタントの対応業務

Remobaアシスタントの対応業務
Remobaアシスタントの対応業務

Remobaアシスタントは幅広い業務に対応しています。

「事務作業は全部任せたい!」と考える経営者にとって、Remobaアシスタントは良いです。

チームで対応してくれるため、「この業務は苦手」なんてことはありません。

Remobaアシスタントが対応している業務は以下の通りです。

対応業務
  • 秘書業務
  • 経理・人事労務業務
  • 営業サポート業務
  • Webサイト・SNS運用業務

順番に解説していきます。

秘書業務

Remobaアシスタントが、対応している秘書業務の例です。下記を参考にしてみてください。

  • スケジュール調整
  • メール対応(返信・チェック)
  • 翻訳(英語のみ対応)
  • リサーチ調整(発注先のリサーチ等)
  • エクセル加工
  • 資料作成
  • 出張手配

経理・人事労務業務

Remobaアシスタントが、対応している経理・人事労務業務の例です。

下記を参考にしてみてください。

  • 請求書発行
  • 請求書送付
  • 売上・入金確認入社手続き
  • 人事マスタの管理・変更
  • 回収連絡
  • 勤怠データの集計
  • 採用業務
  • 求人票作成

営業サポート業務

Remobaアシスタントが、対応している営業サポート業務の例です。下記を参考にしてみてください。

  • リサーチ調整
  • データ入力・データ編集
  • 営業メール作成

Webサイト・SNS運用業務

Remobaアシスタントが、対応しているWebサイト・SNS運用業務の例です。

下記を参考にしてみてください。

  • SNS運用
  • Webマーケティング

他にも、メディアの出演交渉、名刺やパンフレットの依頼代行などの業務があります。

Remobaアシスタントの料金・実働時間・契約期間

Remobaアシスタントの料金・実働時間・契約期間
Remobaアシスタントの料金・実働時間・契約期間

プランは大きく分けて2つあります。

2プラン共に、稼働時間は30時間/月です。

仮に、30時間/月を使い切れなかった場合、翌月にのみ繰越できますが、1時間あたり500円(税込550円)の手数料が必要です。

(9:00〜17:00)や深夜対応(17:00〜22:00)を依頼する場合、50,000円/月の追加料金がかかります。

オプションプランとして、導入後に業務効率が得意なコンサルタントが、日月年で発生する業務を細かくヒアリングを行い業務の切り出しをサポートしてくれるサービス(50,000円/月)もあります。

「どんな業務を任せたらいいのか分からない」「業務効率化って何からするの」といった悩みを解決してくれます。

プラン月額(税込)契約期間実働時間
①スタンダードプラン105,600円 6ヶ月契約30時間/月
②ロングプラン99,000円12ヶ月契約30時間/月
③カスタムプランお問い合わせお問い合わせお問い合わせ
Remobaアシスタント料金表
画像出典元:Remobaアシスタント公式サイト

「2022年夏秋キャンペーン実施中」

お問い合わせをした先着10社限定で、上記の導入後コンサルティングプランが無料になります。

(キャンペーンは予告なく終了しているケースもあります。詳細はRemobaアシスタントへ直接お問い合わせ願います。)

\Remobaアシスタント無料お問合せはこちら/

Remobaアシスタントの口コミ・評判

Remobaアシスタントの口コミ・評判
Remobaアシスタントの口コミ・評判

Remobaアシスタントの口コミ・評判について解説します。

自分にあったオンライン秘書サービスであるかチェックしてください。

スケジュールが遅れることなく業務を進行できる

依頼して一番良かったと感じている点は「スケジュール管理」です。スケジュール管理ができたことで、今まで予定通りに進まなかった業務がトラブルなくスムーズに進行できるようになりました。

正直Remobaアシスタントに依頼するまでは、メンバー全員でスケジュールは共有していたものの、「予定通りに業務が進まない」→「期日当日になってバタバタする」→「期日が過ぎる」→「業務が遅れる」という状況が発生していました。

その結果、グループ全体・メンバーの意識の低下にも繋がっていました。管理者の立場からすると、「現在進行中のプロジェクトが全体としてどのように進んでいるのか」を知ることはとても大事だと思っています。遅れが生じてしまうと次の仕事に取り掛かれないこともあるからです。

Remobaアシスタントは個々で動くメンバーそれぞれの状況を把握して、スケジュール管理が苦手なメンバーには事前にメッセージを入れて教えてくれました。その結果、余裕をもったスケジュール管理ができ、事前のミスを発見したり「報告、連絡、相談」という連絡体制も築くことができました。

引用元:Remobaアシスタント公式サイト

業務のレベルが高い

Remobaアシスタントのアシスタントは細かい部分にも気づいてもらえるのでこちらの伝えたいことを正確に理解していただけました。また、曖昧な依頼に対しても、想像以上のクオリティでアウトプットを出してくれました。

Remobaに依頼することでミスの量が格段に減り、作業のスピードも早く、自社で行っていた場合は数十〜百時間かかっていたであろう業務を、短期間で完了していただきました。このようにRemobaアシスタントの導入は業務の効率化につながり、コア業務に割く時間を増やすことに成功しました。

引用元:Remobaアシスタント公式サイト

Remobaアシスタントのメリット

Remobaアシスタントのメリット
Remobaアシスタントのメリット

Remobaアシスタント導入のメリットは、下記の3つです。

Remobaアシスタントのメリット
  • 信頼できる事務パートナーが手に入る
  • 導入がスムーズ
  • 属人化のリスクを解消している

順番に解説していきます。

信頼できる事務パートナーが手に入る

Remobaアシスタントのスタッフは、ホスピタリティが高く、臨機応変に仕事をこなしてくれます。

忙しい経営者にとって、信頼できる事務パートナーの存在は非常に大切です。

なぜならば、経理や人事労務といった事務仕事を任せられるパートナーがいるからこそ、自分は営業や現場仕事に注力できるからです。

事務仕事を任せられるパートナーがいない場合、「本当は営業に出たいけれど、資金繰りの確認のために今日は事務に集中しよう」「請求書の確認や領収書の整理に時間がとられてしまう」といった問題が毎日のようにでてきます。

臨機応変に仕事をしてくれる優秀な人材を自社で用意したい場合、Remobaアシスタントが「最短」ルートでしょう。

導入がスムーズ

Remobaアシスタントは、Slackやチャットワーク等、普段業務で使用しているITツールから選択して、連絡手段を決めることができます。

Remobaアシスタントを導入するにあたり、面倒な登録手続きはいらず、従業員と同じ感覚で仕事の依頼をすることができます。

もちろん、導入に関する相談もオンラインで行ってくれるため、ラクです。

属人化のリスクを解消している

Remobaアシスタントは、スタッフがチームを組んで対応してくれます。

そのため、社内で自社の情報が共有化され、特定のスタッフしか自社のことを知らないといった状態を防げます。

自社の従業員を見渡してみると、「その人しかできない仕事」がいくつかありますよね。

突然、その従業員が退職することになった場合、引継ぎに多くのコストがかかるはずです。

Remobaアシスタントのように、チームで対応してもらえるサービスは属人化のリスクがなく、安心して任せられますね

Remobaアシスタントのデメリット

Remobaアシスタントのデメリット
Remobaアシスタントのデメリット

Remobaアシスタントは、メリットが多いオンライン秘書サービスですが、デメリットもあります。

デメリットを理解した上で、導入を検討していきましょう。

Remobaアシスタントのデメリットは、下記の4つです。

Remobaアシスタントのデメリット
  • 専門知識や資格を要する業務は依頼できない
  • 納期が極端に短い業務
  • 契約期間の最短期間は6ヵ月
  • 無料トライアルがない

順番に解説します。

専門知識や資格を要する業務は依頼できない

Remobaアシスタントのスタッフは優秀ですが、税理士や会計士などの資格・専門知識が必要な業務は依頼することはできません

他のオンライン秘書サービスも同様に、資格が必要な業務は依頼できないケースが多いため、この点はあらかじめ理解しておく必要があります。

納期が極端に短い業務

自社の従業員に仕事を依頼する時と同様、「常識的」な範疇で仕事を依頼する分には問題ないです。

Remobaアシスタントのスタッフは、柔軟に業務対応してくれるものの、無茶な依頼は受けてもらえません。

当然、他のオンライン秘書サービスも同様に、極端に短い納期の仕事は対応してもらえません。

契約期間の最短期間は6ヵ月

Remobaアシスタントには、スタンダードプラン(契約期間:6ヵ月)とロングプラン(契約期間:12ヵ月)があります。

最短の契約期間が6ヶ月であるため、「決算期の周辺だけ依頼したい」「上手に仕事を依頼できなかったらどうしよう」と不安になる気持ちも分かります。

しかし、人材を自社で採用することと比較した場合、最短契約期間が6ヵ月という点はそれほど問題ではないです。

自社で採用した場合、その人材が正社員であったとしても、パートであったとしても、こちらの都合で解雇することは出来ませんよね。

Remobaアシスタントは、必要でないと感じたら、6ヵ月後に契約を終了すれば良いだけです。

Remobaアシスタントは、当然、人材の採用コストや育成コストも考える必要もありません

無料トライアルがない

他のオンライン秘書サービスには、無料トライアルを実施している会社もあります。

Remobaアシスタントは無料トライアルを実施していないため、導入に不安に感じる経営者もいると思います。

自社で人材を採用する際、「無料トライアル」という制度はないですよね。

いざ、働いてもらって人材教育をしていくものです。

Remobaアシスタントは、採用率1%と厳選されたスタッフがチームで対応してくれるため、人材の質は十分に担保されており、心配いりません。

まとめ

本記事では、オンライン秘書サービス「Remobaアシスタント」について紹介しました。

Remobaアシスタントは、ホスピタリティが高く、総合満足度No.1を獲得しているサービスです。

「事務作業をする時間を全然取れない」と困っている経営者は、Remobaアシスタントの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

\Remobaアシスタント無料お問い合わせ/

今回紹介したRemobaアシスタント以外にも、複数のオンライン秘書サービスがあります。

複数検討して自分にピッタリのオンライン秘書サービスを見つけましょう。

おすすめのオンライン秘書サービスについて下記記事で解説しています

》おすすめオンライン秘書サービス【徹底比較】売上UPのコツも解説!

この記事の執筆者

ゆずこの画像
     ゆずこ

学卒後、銀行に勤務。100社以上の法人や個人事業主に対して、融資やコンサルティング活動を行いました。法人代表者や個人事業主の方に役立つ情報を中心に発信しています。

タイトルとURLをコピーしました