【2022年】経理代行おすすめ比較!個人事業主におすすめな理由!

【2022年】経理代行おすすめ比較!個人事業主におすすめな理由!オンライン秘書

経理業務が大事なのは分かるけど、そのために人を雇うことはできないし、かといって自分が全部やるのは時間がもったいないと思う個人事業主の方はいませんか?

実は、経理業務はオンラインで外注できます。

ポイント

個人事業主でも経理業務を外注している方は多く、経理業務にあれこれ悩む必要はないです。

本記事では、経理代行のおすすめサービスを紹介するとともに、経理代行のメリット・デメリット、個人事業主に方にこそ経理代行をおすすめする理由を解説していきます。

経理業務を外注して、スマートに働いていきましょう!

ゆずこ
ゆずこ

本記事は銀行での勤務経験がある執筆者(ゆずこ)が担当。

100社以上の法人・個人事業主に対して、融資・コンサルティングを行ったり、バックオフィス業務のサポートをしたりする中で得た、ビジネス知見を基に説明します。

経理代行とはオンラインで経理事務を外注すること

経理代行とはオンラインで経理事務を外注すること
経理代行とはオンラインで経理事務を外注すること

経理代行サービスを使うことで、経理業務はオンラインで外注委託することができます。

経理業務は自社の大事な「数字」を扱うため、外部に任せても「大丈夫?」と思いますよね。でも大丈夫です!

ポイント

経理代行は、経理業務を請け負うプロ集団であり、クオリティ(専門性・信頼性)は十分です。

経理業務は、従来から事業主(または従業員)が担う業務と、会計事務所が担う業務がそれぞれありますが、経理代行を使うことで、事業主から経理業務を解放してくれます。

時代が「所有」から「利用」(サブスクなど)に変わる今、経理人材を雇うのではなく、経理代行サービスを利用するという考えがイマドキ経営者のあり方ではないでしょうか。

業務例

業務内容従来の担当者経理代行サービス
売上の管理

請求書・領収書発行
入金管理
事業主二重丸のイラスト
支払の管理支払リストの作成
支払管理(振込)
事業主二重丸のイラスト
記帳代行会計ソフトに入力事業主・税理士二重丸のイラスト
給与計算月次給与・賞与の計算事業主・税理士・社労士

二重丸のイラスト
年末調整所得税の過不足を調整事業主・税理士・社労士二重丸のイラスト
決算業務確定申告書作成
試算表作成
事業主・税理士

丸のイラスト税理士と協業
ゆずこ
ゆずこ

サブスクのような感覚で経理代行サービスを取り入れて、イマドキな経営にシフトしていきましょう。

【個人事業主】経理代行サービスおすすめ5選

【個人事業主】経理代行サービスおすすめ5選
【個人事業主】経理代行サービスおすすめ5選
サービス名クオリティ対応能力個人事業主から利用可料金
i-Staff Accounting二重丸のイラスト二重丸のイラスト二重丸のイラスト丸のイラスト
Remoba経理丸のイラスト二重丸のイラスト二重丸のイラスト二重丸のイラスト
SUPPORT+iA二重丸のイラスト丸のイラスト二重丸のイラスト丸のイラスト
記帳代行お助けマン二重丸のイラスト二重丸のイラスト二重丸のイラスト
freee×KANBEI丸のイラスト二重丸のイラスト二重丸のイラスト

個人事業主の方に、特におすすめしたい経理代行サービスは、「i-Staff Accounting」です。

i-Staff Accountingは、以下の特徴がある代行業者です。

i-Staff Accountingの特徴
  • 簿記2級以上を保持」「実務経験3年以上」「PC操作テスト」の3条件に合格した、優秀なスタッフが対応しています。
  • オンライン秘書サービスi-staffが運営しているので、契約内の残っている時間はバックオフィス業務の外注として利用することができます。
ゆずこ
ゆずこ

オンライン秘書」とは、バックオフィス業務全般を依頼できるサービスです。

オンライン秘書については、下記記事で詳しく解説していますので、併せて読んでくださいね。

》おすすめのオンライン秘書サービス【徹底比較】売上UPのコツも解説!

本記事では、個人事業主から利用可能な経理代行サービスを5つ紹介します。

i-Staff Accounting

i-Staff Accountingは、オンライン秘書サービス「i-staff」が運営する、経理特化型サービスです。

i-Staff Accountingの特徴は、以下の通りです。

3つの特徴
  • 「簿記2級以上を保持」「実務経験3年以上」「PC操作テスト」の3条件に合格した、優秀なスタッフが対応しています。
  • 経理業務は全て依頼可能。
  • チームでの対応のため、人員不足がない。

i-Staff Accountingの対応業務は幅広く、経理に関わること全て対応しています。

業務内容の例は、以下の通りです。

  • 記帳サポート
  • 給与計算
  • 請求書発行
  • 証憑整理
  • ネットバンキングより支払い
  • 入出金管理

他にも、顧問税理士とのやり取り、契約時間以内なら、経理以外のバックオフィスの依頼も可能です。

ゆずこ
ゆずこ

オンライン秘書サービスを運営している会社なので、

バックオフィスも安心して依頼できますね。

料金は、①記帳、仕訳業務のみ依頼パターン、②経理業務全般を依頼するパターンの2つあります。

①スキャンデータ化+記帳サービス(記帳、仕訳業務のみの方はこちら)

プラン料金(税込)

月間仕訳数(スキャンデータ化含む)
LIGHT

10,780円

100仕訳まで

BASIC

19,800円

200仕訳まで
PREMIUM

28,380円300仕訳まで

※スキャンしたデータを任意の名称に変更をご希望の場合、別途オプション料金で対応

②経理特化型オンラインアシスタント料金表(経理業務全て依頼したい方はこちら)

プラン料金

実働時間

LIGHT3,000円/時間

10〜20時間

BASIC2,800円/時間21〜40時間

PREMIUM

2,600円/時間41〜80時間

※80時間以上、依頼したいときは、お問い合わせしてください。

※契約は1か月ごとの自動更新です。

対応時間:9:00 〜 17:00(13:00〜14:00は休憩時間)

\i-Staff Accountingの詳細は公式サイトへ/

運営元である「i-staff」について、詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

》オンライン秘書「i-STAFF(アイスタッフ)」口コミ評判も紹介

SUPPORT+iA(サポーティア)

SUPPORT+iAは、公認会計士が運営しているオンライン秘書サービスサービスです。

4つの特徴
  • 公認会計士が運営監修しており、経理や財務業務に強いオンライン秘書サービスです。
  • 1,000社以上の支援ノウハウがあり、信頼性が高いです。
  • 採用倍率0.7%の正社員が対応してくれます。
  • 月間6時間/月額3万円(税抜)から依頼可能です。

対応業務は、経理・財務業務全般です。

経理・財務業務の例は、以下の通りです。

  • 記帳代行
  • 入金/支払消込
  • 月次締め処理
  • 振込・納付代行
  • 請求書発行
  • 請求/支払管理
  • 他にも庶務、人事労務、総務などバックオフィス業務まで依頼可能です。

料金は表をご覧ください。

プラン月額(税込)契約期間実働時間
①6時間プラン33,000円設定なし6時間/月
②12時間プラン55,000円設定なし12時間/月
③25時間プラン99,000円設定なし25時間/月

\SUPPORT+iAの詳細は公式サイトへ/

SUPPORT+iAについて、詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

》公認会計士が運営!SUPPORT+iA(サポーティア)口コミ評判も解説

Remoba経理

Remoba経理は、オンライン秘書サービス「Remobaアシスタント」が運営する、経理特化型サービスです。

3つの特徴
  • クラウド活用支援アウトソーシングサービスNo.1の経理アウトソーシング(代行)サービスです。
  • ※調査方法:インターネット調査 調査概要:2021年7月 サイトのイメージ調査 調査提供:日本トレンドリサーチ
  • 経理業務は全て請け負ってくれます。
  • 販売管理ソフト、労務ソフトなどと連携して、効率化の実現を図ります。

対応業務は、経理業務全てです。

業務内容の例は、以下の通りです。

  • 売上管理(請求書発行・送付など)
  • 支払管理(支払いリスト作成)
  • 経費管理(経費データ管理、立替経費振り込み)
  • 月次決算(月次仕訳記帳・帳簿管理)
  • 顧問税理士とのコミュニケーション
  • 確定申告補助業務
  • 業務効率化提案・システム導入
  • 資料のスキャン・データ化・フォルダ分類/格納

料金は、下の表の通りです。

プラン料金対象
ミニマムプラン200,000円従業員数15名以下の企業様
スタンダードプラン300,000円~従業員数15~50名の企業様
プロフェッショナルプランお問い合わせ

お問い合わせ

\Remoba経理の詳細は公式サイトへ/

運営元である「Remobaアシスタント」について、詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

》Remobaアシスタント総合満足度No.1!口コミ・評判も解説

記帳代行お助けマン

記帳代行お助けマンは、記帳代行特化型サービスです。

弥生会計での記帳代行にのみ対応しています。

3つの特徴
  • フリーランス、法人向けの記帳代行特化型サービスです。
  • オプションなしで、丸投げ依頼できる流れです。
  • 記帳入力経験者が担当しているので、安心して任せられます。

対応業務は、記帳業務のみです。

料金は、非常に低料金ですね。

年商金額(税込)
1000万以下

5,500円/月
1000万以上~3000万未満

8,800円/月
3000万以上11,000円/月

郵送費など実費は別途ご請求

※業種や仕訳件数によって料金のご相談をいただく場合があります

\記帳代行お助けマンの詳細は公式サイトへ/

freee×KANBEI

クラウド会計ソフトfreeeに特化した記帳代行サービスです。

記帳代行のみという方におすすめです。

3つの特徴
  • クラウド会計ソフトfreeeに特化した記帳代行サービスです。
  • 導入実績は1000社以上。
  • 専任の担当が経理作業をすべて代行。月に1回領収書や請求書を送るだけ!

対応業務は、記帳業務のみです。

料金は、業界最安値級のプラン月額3,300円~あります。

プラン名月額(税込)記帳数スキャン※前期データ移行コスト 診断 SaaS

30 プラン3,300円

30
50 プラン5,500円50

100 プラン8,800円

100
200 プラン16,500円200
400 プラン33,000円400

※ 全てのプランで記帳数を超過した場合、1記帳100円の追加料金が発生します。

※1 領収書のスキャンを代行いたします。

\freee×KANBEIの詳細は公式サイトへ/

【失敗しない】経理代行サービスの4つの選定方法

【失敗しない】経理代行サービスの4つの選定方法
【失敗しない】経理代行サービスの4つの選定方法

経理代行サービスは、実は世の中にはたくさんありますが、どう選ぶか難しいですよね。

本ブログでは、経理代行は4つの基準で選ぶことをおすすめします。

4つの基準
  • クオリティ
  • 対応能力
  • 個人事業主から可
  • 月額

順番に説明していきます。

クオリティ

せっかく依頼するのであれば、ハイクオリティなサービスが良いですよね。

経理代行でクオリティとは、高い専門性、高い信頼性があることを指します。

ポイント

経理業務は会社の大事な「数字」を扱うため、ミスなく、クオリティがきちんと確保されているのかは必ずチェックしましょう。

クオリティの要素判断基準
高い専門性代行スタッフの保有資格・知識経験
税理士や公認会計士が監修
高い信頼性経理代行サービスの実績
代行体制(個人対応・チーム対応)
セキュリティ対策

スタッフが簿記資格を持っていたり、税理士や公認会計士が監修しているサービスであったりすると、専門性が高く、安心感がありますね。

導入実績が豊富なサービスは、それだけノウハウや経験を蓄積していますので、信頼性は高いです。

ゆずこ
ゆずこ

高いレベルのサービスを受けたい方にとっては、クオリティが一番大事な選定ポイントになります。

対応能力

経理代行サービスが対応している業務は、それぞれ違いがあります。

どこまでの業務に対応しているのか、つまり対応能力を見極めた上で、選ぶことをおすすめします。

ポイント

経理業務は日常業務から月次業務、年次業務まで多岐に亘りますので、対応能力は事前に把握しておきましょう。

ただし、多くの経理代行サービスでは、経理にかかわる全般の仕事を行っていることが多いので、安心してください。

また、経理代行サービスの中には、経理業務だけでなく、他のバックオフィス業務も請け負ってもらえるサービスも存在します。

経理業務を含む、バックオフィス業務全般をオンラインで依頼できる「オンライン秘書サービス」については、こちらで詳しく紹介しています。

》おすすめのオンライン秘書サービス【徹底比較】売上UPのコツも解説!

ゆずこ
ゆずこ

対応能力が高ければ高いほど、自分がラクになると思って選びましょう。

個人事業主から可

個人事業主から利用できる経理代行サービスと、「従業員50名以上」などと、従業員規模を限定しているサービスがあります。

従業員規模を限定しているサービスは、一部の専門性が高い業務に限定的であることが多いです。

ポイント

従業員規模で「入口」を設けるサービスよりも、全従業員規模に対応しているサービスを選びましょう。

個人事業主から対応しているサービスは、会社の規模を問いませんので、後に法人成りした時や、会社規模が大きくなった後も継続して依頼できます。

月額

経理代行サービスは、経理人材を採用する場合と比較して、低コストで済みますが、月額料金がどれくらいかかるのかもチェックしたいです。

同じ経理代行サービスでも、対応能力やスタッフの実働時間、契約期間によって料金は上下します。

ポイント

経理代行サービスにどんな業務を、どれくらいの量期間で依頼するかをイメージしながら選びましょう。

(例)経理代行サービスA社料金の違い
対応能力対応業務は幅広いほど 料金UP
実働時間対応時間が長いほど 料金UP
契約期間契約期間が短いほど 料金UP
ゆずこ
ゆずこ

どのプランが最適か迷う場合は、気になったサービス会社の資料請求を行い、じっくり検討してみてください!

経理代行のメリット2つ

経理代行のメリット2つ
経理代行のメリット2つ

経理代行サービスを利用することのメリットは2つあります。

2つのメリット
  • 本業に全力を注げる
  • 雇うコストやリスクがない

順番に説明します。

本業に全力を注げる

経理業務は大事な業務の一つではありますが、それだけでは売上や利益を生んではくれません。

限られた時間の中で、いかに効率的に売上や利益を生む仕事をするかが大事です。

ポイント

経理業務にかける時間を減らし、事業の売上や利益を生み出す本業に集中することが、事業の発展につながります。

個人事業主の方は「この分野なら任せろ!」と思って事業展開されている方が多いと思いますが、その分野の本業にどれだけ時間をかけられているか考えてみてください。

少しでも、経理代行を使うことで、本業にかけられる時間が増えると思うのであれば、積極的に代行サービスを検討するべきです。

ゆずこ
ゆずこ

本業にかける時間を捻出する方が、コストパフォーマンスは高くなるはずです!

雇うコストやリスクがない

時代は「所有」から「利用」になる今、組織や人材も例外ではありません。

経理人材が欲しいと思った時、「採用」だけがソリューションではないです。

ポイント

経理代行サービスを使えば、採用や退職といった雇用状況とは無縁で、経理業務を依頼することができます。

経理人材を採用したい場合、経験者であれば、採用にコストや時間がかかり、未経験者であれば、人材育成にコストや時間がかかるのが課題です。

いざ採用できたとしても、その人材が退職してしまったら、と考えると不安は尽きません。

コスト・リスク採用経理代行
採用コスト

育成コスト
月次コスト月200,000円~月3,000円~

退職リスク
属人化リスク有(社内担当者だけ知ってる)無(代行会社に蓄積)
ゆずこ
ゆずこ

個人事業主の方の多くが、人材の確保に非常に苦労することが多いです。

採用や退職にコストや時間をかけるのであれば、経理代行サービスの方が良いと思いますよね。

経理代行のデメリット2つ

経理代行のデメリット2つ
経理代行のデメリット2つ

経理代行はメリットが多いものの、一部で注意点が存在します。

ここでは、経理代行のデメリットを2つ紹介します。

2つのデメリット
  • 経理代行サービスに、会社情報を伝える必要がある
  • 「今すぐ対応」が難しい

順番に解説していきます。

経理代行サービスに、会社情報を伝える必要がある

経理代行サービスが業務を行うにあたり、請求書や領収書、入金の動きなど、会社の重要な情報を伝える必要があります。

一番のリスクは情報が流出してしまうこです。

ポイント

依頼する経理代行サービスのセキュリティ対策について十分な対策がとられているか確認しましょう。

会社情報を伝えるにあたり、下記内容を確認しましょう。

  • 秘密保持契約は締結するのか
  • セキュリティ対策ソフトを導入しているか
  • セキュリティ対策に関する教育を行う経理代行サービスであるか

ほとんどの経理代行サービスでは、情報漏えい対策に万全を期しているため、心配はいりません。

ゆずこ
ゆずこ

顧問税理士だって外部の人間に違いはありません。

つまり、しっかりした会社に経理代行を依頼するのが良いです。

「今すぐ対応」が難しい

経理代行サービスは、あくまで外部のサービスに経理事務を代行依頼するため、「今すぐ」対応ということが難しいです。

事業主が自らや、従業員が経理事務をする場合と比較して、どうしてもタイムラグは発生すると考えられます。

ポイント

経理事務のベースは代行サービスに依頼し、緊急性があるものは自分でなんとかするという認識が大事です。

経理代行を使うことで、少しでも本業に注力することが大事であり、経理業務を丸投げすることが目的ではありませんよね。

ゆずこ
ゆずこ

経理代行に依頼することで、経理部門が強化されるので、「今すぐ」といった緊急性が高い事務(=振込するのを忘れていた等)自体が少なくなると思います。

個人事業主にこそ経理代行をおすすめする2つの理由

個人事業主にこそ経理代行をおすすめする2つの理由
個人事業主にこそ経理代行をおすすめする2つの理由

経理代行サービスは、大手企業だけでなく、中小企業、個人事業主まで幅広く利用されています。

ただ、経理代行サービスを一番活用するべきなのは、個人事業主の方であると思います。

なぜ、個人事業主が経理代行サービスを使うべきかを2つの観点で説明します。

2つの理由
  • オフィスが自宅、オンラインで完結したい
  • 経理代行サービスを利用するのはカッコよい

順番に解説していきます。

オフィスが自宅、オンラインで完結したい

自宅をオフィスにしている個人事業主の方は、経理等のバックオフィス業務を任せる場合、できればオンラインで完結したいと考える方もいると思います。

自宅に仕事机は1つしかないし、仕事環境が整っていないケースがほとんどだと思います。

ポイント

経理代行サービスは、オンラインで経理事務が完結するため、今と同じ仕事環境のまま、外部に経理事務を依頼することができます。

オンラインで事務を代行してくれるサービスは、経理代行だけではありません。

ゆずこ
ゆずこ

経理業務を含む、バックオフィス業務全般をオンラインで依頼できる「オンライン秘書サービス」というものがあります。

オンライン秘書については、こちらで詳しく解説していますので併せて御覧下さい。

》おすすめのオンライン秘書サービス【徹底比較】売上UPのコツも解説!

経理代行サービスを利用するのはカッコよい

個人事業主の方は、その名前の通り、個人が事業の主人公です。

経理代行サービスは、事業の主人公が「やりたい仕事」あるいは、「本業の仕事」に最大限注力できる環境を作ってくれます。

ポイント

「本当はもう少し本業にかける時間を作りたい」「経理に時間を取られるのはもったいない」と考えるのはやめて、便利なサービスを利用することをおすすめします。

経理代行サービスは、経理の「秘書」を雇うのと同じような感覚です。

ゆずこ
ゆずこ

オンライン上の秘書を雇ったような気持ちで、

事業の主人公らしくカッコよく仕事をしましょう!

オンラインで事務業務を依頼できる「オンライン秘書」

オンラインで事務業務を依頼できる「オンライン秘書」
オンラインで事務業務を依頼できる「オンライン秘書」

バックオフィス業務全般をオンラインで外注できる「オンライン秘書」は経理代行を考える事業主にとって有益なサービスです。

オンライン秘書であれば、経理業務だけでなく、以下のようなバックオフィス業務全般に対応しています。

  • 秘書業務
  • 人事・労務業務
  • 経理業務
  • 営業サポート業務
  • Webサイト・SNS運用

オンライン秘書は対応業務が幅広いため、さまざまな業務を少しずつ依頼したいと考える方に最適です。

オンライン秘書については、こちらで詳しく解説していますので併せて御覧下さい。

》おすすめのオンライン秘書サービス【徹底比較】売上UPのコツも解説!

ゆずこ
ゆずこ

オンライン秘書を味方につけて、事業の効率化を図っていきましょう。

まとめ

本記事では、「経理代行のおすすめ」「経理代行の選び方」「経理代行のメリット」「経理代行のデメリット」を紹介しました。

内容をもう一度確認していきましょう。

  • 経理代行のおすすめ

  →SUPPORT+iA(サポーティア):公認会計士が監修!

  →i-Staff Accounting:簿記2級以上の実務経験豊富な人材が対応

  →Remoba経理:実働時間の縛りなし!経理人材は「雇わない」新しい答え

  →記帳代行お助けマン:記帳代行に特化

  →freee×KANBEI:会計ソフトfreee利用者限定!記帳代行に特化

  • 経理代行の選び方

  →クオリティ

  →対応能力

  →個人事業主から可

  →月額

  • 経理代行のメリット

  →本業に全力を注げる

  →雇うコストやリスクがない

  • 経理代行のデメリット

  →経理代行サービスに、会社情報を伝える必要がある

  →「今すぐ対応」が難しい

  • オンラインで事務業務を依頼できる「オンライン秘書」

  →バックオフィス業務全般を外注

本記事を参考にしていただき、自分にピッタリの経理代行サービスを見つけましょう。

運営者情報

ゆずこの画像
     ゆずこ

学卒後、銀行に勤務。

100社以上の法人や個人事業主に対して、融資やコンサルティング活動を行いました。

法人代表者や個人事業主の方に役立つ情報を中心に発信しています。

タイトルとURLをコピーしました